07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

無気力C

無気力にMHF-Gなどを (C)CAPCOM CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

「第67回公式狩猟大会」終幕!! 

参加者の皆さんお疲れ様でした!
いざ孤高の頂点へ!

最終タイム

「第67回公式狩猟大会」終幕!!

最終暫定1位。
かなりの接戦だったっぽいので抜かれてそうで怖い!


タイムの動きなどはこちら

「第67回公式狩猟大会」終幕!!2

そして百聞は一見にしかず!→動画


でではでは!

今回の韋駄天は特異個体モノブロス。
以前のモノ韋駄天では嵐ノ型の溜め遅延に気がつかず痛い目を見たので今回はちゃんと地天の型にセット!
これでハメやすいぞ(ΦωΦ)ふふふ・・・

武器候補は水竜弓【暴】一択!
前回も同じ武器だったね。スロ2空いてるスゴい奴だよ。
ランナーも連射も弾強化も選びたい放題だよ。


韋駄天開幕!

とりあえず以前と全く立ち回りで尻尾ハメ。
連射はいらなそうだったので、今回は弾強化で!
闘技場に入ってビン装填してっと、

ザッザッザッザッ… (モノブロスが潜る音)


!?


キェェェェェェアァァァァァァモグッタァァァァァァァ!!!



新闘技場ではモノブロスは潜れないんじゃなかったのか!
???「HCパワーを持ってすれば新闘技場の地面に潜ることなどたやすい( ー`дー´)」
もしかして前回の韋駄天で潜ってこなかったのは不具合だったのかな?
そういえば逆襲ザザミとかも普通に潜ってた気がする。


潜るのかぁ尻尾ハメやばそうだなぁ嫌だなぁと考えつつ尻尾ハメをやってみる。
お、地天の型ならやっぱり間に合う!これはちょろ・・・ちょろ・・・あれ。

な、なんかハマらないぞ!
まさか怯み値足りないんじゃ・・・4番個体と聞いたのでそれでダメシミュしてみると


モノブロスの尻尾怯み値180*1.5(特異補正) = 270

非怒り:272 怒り:299


ギリギリっすね・・・(^ω^)
いつも装備の火力に頼りきった尻尾ハメをしていたので怯み値ギリギリのハメとなると難しい!
尻尾ハメもそこまで詰めて練習した事ないのでハメ外れまくり。ついでに途中で潜られまくり。

潜る瞬間のなんとかフレームで怯ませれば潜りも止められるんでしたっけか。
いや、うん、私には無理なので潜らないことを祈りましょう^q^


戦術決まったのでひたすら詰める。


時間は流れ、完走もたまーに出来るようになってきてもひたすら詰める。


詰める詰める詰める。




あ、ヤバイなんか今回書くことない^q^
戦術が以前と全く一緒ってなるとネタ切れ感ががが。



はい。
もう、まとめましょう。



では今回の戦法を!

・エリアINして強撃装填。
・走ってくるモノブロスに1射、あとは尻尾ハメ。



シンプルイズベスト!
風の噂で聞いたところベストでは無かったかもしれませんが^q^

開幕潜る率高いせいでリタが超加速したのがキツかったですね!
ほっとんどリタ。リタ続けているうちに射撃の感覚忘れちゃって大変でした。

タッタッタッタ ガチャッピン ザッザッザッザ ヒョイッ カチッカチカチ リタイア ドォーン…

開幕に突進が来た時の嬉しさといったらもう。
しかしながら突進がスタート地点。


すれ違う時に撃つ1射目が重要で、そこそこ尻尾にHitさせないと2射目からハメが開始できない。
また、2~4本目のダメージを尻尾に蓄積させたいため出来れば2射目は1本目で怯んでほしい。
そこさえクリアすれば自分がミスるかモノブロスが潜るかしない限り尻尾ハメが続きます。


ベスト動画では妥協しましたが、1射目の時に矢が綺麗にHitすると3射目から怒りに入って溜め待機時間が減り、ちょっとだけ時間短縮出来たのですがコレがまた難しい。
モノブロスが走りぬけずに止まったり、いい感じのサイズが来るとよく3射目で怒ってくれたのですが、これでリタしていると全然クリア出来なくなるんじゃないかと思ったので怒り入らなくても続行!
3射目怒りはリタマラ100回に1回レベルでした( ー`дー´)

自分的には41秒台がゴール地点だったので満足しているのですが、なんか開幕もうちょっと良い方法あったみたいですね・・・爆弾か何かでしょうか。
BOXから爆弾取って○秒ロス・・・爆弾置いて○秒ロス・・・このロスを取り戻すには・・・
と暇な時に脳内でいろいろ考えていたのですが全くわからなかったよ!
動画見て反省していきましょう(・ω・´)


ではでは最後にもう一度。

参加者の皆さんお疲れ様でした!
そして入賞者の皆さんおめでとうございます!
スポンサーサイト

[edit]

page top△